Group

なら解決できます。
こんな問題でお困りではありませんか・・・?

【中国での生産をお考えのお客様】
【中国協力メーカーで生産をされているお客様】
海外との取引に不安。
製品輸入の経験がない。
海外生産の数量が確約できない。
・・・日本窓口とのお取引で安心です。
・・・お客様倉庫納入までの手続きをします。
・・・製品分納、材料預りを検討致します。
1.
2.
3.
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.
・・・受注後に納入スケジュールを提示します。
・・・自社で全品検査の出荷をします。
・・・生産から出荷までの状況を都度ご案内します。
・・・基本的に量産での立会いはございません。
・・・材料、原反段階から管理をします。
・・・契約に基づいたお取引を致します。
・・・お客様をご案内できる管理体制です。
・・・受注に応じて柔軟な対応をします。
・・・仕様書・基準書に基づいた生産をします。
・・・日本窓口で、日本人スタッフが対応します。
特に“言葉”の問題は大きく、専門用語や技術用語は思うように伝わりません。
私たちは、通訳が日本語を80%理解できても、中国人管理者や技術者に伝わるのはその80%
程度と見ています。つまり、80%×80%=約64%しか意思が伝わりません。
Janaでは、製品に関する打ち合わせは、全て日本語を話せる中国人管理者が中心に進めます。
また、一般的な現地法人の協力メーカーとは異なり、社内で生産・品質管理をしていますので、
納期超過や品質のバラツキや不良といった問題発生がなく、これまでもお客様から高い信頼を
いただいております。
毎ロットの納入待ちが不安である。
日本で全品検査をしている。
納期問題で度々AIR便で対応をしている。
生産毎の問題発生で立会い出張。
商品を横流しされている。
根拠のないコストアップの要求がある。
管理体制が悪く、顧客に不安を持たれる。
生産能力の増強が追いつかない。
仕様、品質の問題で関係が悪化している。
通訳の問題(専門用語等)でタイムリーに
連絡が伝わらない。